早稲田大学アニメ声優会の普段の活動やイベントレポート、各種レビューなどを書いてまいります。
公式HP:http://wasedaseiyuukai.yaekumo.com/

アニメ声優会からのお知らせ
アニメ声優会早稲田祭2013イベント
イベント
『亜貴だ、一番! たまちゃん祭り!! 太田雅友×畑亜貴 TALK♡SHOW』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/10時 開演/10時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館2階201教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):太田雅友、畑亜貴
料金:無料(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 1日(火)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
へどうぞ。
『置鮎龍太郎と阪口大助の「教えて☆先生!」』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/13時30分 開演/14時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館4階401教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):置鮎龍太郎・阪口大助
料金:2000円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 3日(木)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『三澤紗千香トークショー in早稲田』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/10時30分 開演/11時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):三澤紗千香
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 7日(月)〜10月13日(日)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『ちーちゃん・るみるみの早稲田でおしゃべりしよっ(●´∀`●)』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/14時 開演/14時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):赤千夏・大久保瑠美
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 2日(水)正午〜10月 9日(水)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
早苗 千鶴 栄子
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 俺の妹がこんなに可愛いわけがない アニメ化 | main | 茅原実里Sing All Love Tour 2010 in 武道館 感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
W受賞作品「夏海紗音と不思議な世界」
大変長らくお待たせいたしました。
ずっと更新できなくてすみませんでした。
幹事長きなこです。

今回は富士見ファンタジア文庫のライトノベル、
夏海紗音と不思議な世界」のレビューを書きます。

この作品は第21回ファンタジア大賞、読者賞受賞作です。
非常に面白い作品でした。

主人公の悠馬は学校に行く途中
探検隊、幕集中
という看板をもった少女、紗音に出会う。(漢字が間違っているのは仕様)

変な女と思いつつも、彼女について行った悠馬が見たものは
なんと、この町にあるはずのない海だった!
どうやらパラレルワールドに連れてきてしまったらしい。

元に戻るには紗音の望みをかなえるしかないという。
彼女とともに大海原へ出る。

目的地は虚島(うつろじま)
消えたり、現れたり、移動したりする不思議な幽霊島。

こっちの世界では、海には海賊がいて、太平洋に浜の海域と呼ばれる
霧の海が存在する。入り乱れる海流、突然現れる岩山、死体が散乱する難破船。


悠馬や紗音をとりまく、冒険の世界が楽しく描かれている。
そして、冒険ものではあるが、このパラレルワールドに関する世界観
さらに物語を面白くする。
パラレルワールドとは一体何なのか。紗音の能力とは・・・
そして、虚島の本当の姿とは・・・

さらに、物語には様々な感情が交錯する
さびしさ、悲しみ、怒り、愛。
愛とは何か、友情とは何か。

最後の部分は思わず涙を流してしまった。
2巻まで読んだが、これほど面白いと思った作品はなかなかない。

小説は、読者を物語に引き込むような躍動感や感動がなければならない。
この作品には常に躍動感が存在し、ラストは大海原よりも大きな感動をもたらす。

文体的には谷川流さんに近いかもしれない。
感情表現はヤマグチノボルさんに近いかもしれない。

富士見ファンタジア作品の中でもかなり注目の作品。

紗音かわいいよ。初代かわいいよ。

何?うさんくさいって?
そんなこと言うの?もう、辟易しちゃう。

冒険と感情がいっぱい詰まった作品です。
まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。
| アニメレビュー | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://w-seiyukai.jugem.jp/trackback/97
トラックバック