早稲田大学アニメ声優会の普段の活動やイベントレポート、各種レビューなどを書いてまいります。
公式HP:http://wasedaseiyuukai.yaekumo.com/

アニメ声優会からのお知らせ
アニメ声優会早稲田祭2013イベント
イベント
『亜貴だ、一番! たまちゃん祭り!! 太田雅友×畑亜貴 TALK♡SHOW』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/10時 開演/10時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館2階201教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):太田雅友、畑亜貴
料金:無料(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 1日(火)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
へどうぞ。
『置鮎龍太郎と阪口大助の「教えて☆先生!」』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/13時30分 開演/14時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館4階401教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):置鮎龍太郎・阪口大助
料金:2000円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 3日(木)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『三澤紗千香トークショー in早稲田』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/10時30分 開演/11時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):三澤紗千香
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 7日(月)〜10月13日(日)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『ちーちゃん・るみるみの早稲田でおしゃべりしよっ(●´∀`●)』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/14時 開演/14時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):赤千夏・大久保瑠美
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 2日(水)正午〜10月 9日(水)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
早苗 千鶴 栄子
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< いらっしゃいませ新入生!<後編> | main | B型H系 第2話 感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
HEROMAN第1話感想〜空想世界のヒーローアニメ〜
ご無沙汰です。
幹事長のきなこです。

そろそろ新アニメスタートですね。
今回は夕方の時間帯で放送している新アニメ「HEROMAN」のレビューをお届けします。

日米震撼最強コラボプロジェクトBONES×スタン・リーの話題作です。
○作品説明
舞台はアメリカ西海岸のセンターシティ。
貧しい家系でおばあちゃんの分も含め生活費を稼ごうと
アルバイトをする生活を送っている主人公ジョーイ。
裕福な家計のほかの男の子やリナの兄などからいじめを受ける。
松葉づえをついているがとても強そうなサイはジョーイの親友で
いじめから救う場面が1話でみられた。

リナはどうやらジョーイに好意を抱いているらしいが、兄をはじめとした
家族からはやはり「身分的な先入観」でよく思われていないようだ。

○第1話レビュー
ある日、金持ち男集団が流行のロボットを壊し、ゴミ箱に捨てる場面
を見かけたジョーイがそれを修理しようとする。
ジョーイは修理することができたが、ロボットに落雷が直撃。
ロボットに命が引き込まれた。ロボットの名前は「HEROMAN」。

激しい雨の中で、大規模な交通事故が発生。
リナが乗っている車も巻き込まれ、ヒーローマンがジョーイを抱え
現場に急行。救出しようと車の上部を引きはがす。
しかし電線に漏れたガソリンが触れ、大爆発が起こる。

ジョーイはヒーローマンを操縦するリモコンから出たバリアーにより、
助かるが、車は火の海の中・・・。
リナとヒーローマンは・・・。



ヒーローマンが炎の中からリナを抱えて戻ってきたー。
ジョーイは言った。
ヒーローマンは私のヒーローだよ。



久しぶりにこういうアニメ見た気がする。
この作品の何がすごいかというと、「テーマ」でしょう。
最近は美少女系のアニメが増えている中、「ヒーロー」をテーマとした
熱血アニメはぜひ注目したい。もちろん美少女アニメの中にも面白い作品はたくさんあるのだけれども。
少女がロボットを作ったり地球外生命体との交信・侵略など
SFチックな構成も非常に見ごたえがある。
理系の人間はこういう作品好きな人が多いのではないだろうか。
音楽に関しても爆発や車の音など、激しくするところは激しくしていて
メリハリがあって作品世界を引き立てていた。

一般的な「ヒーロー」アニメというと、ただまっすぐな子供向けアニメ
が少なくなく、アニメの構成を楽しむような人からするとまっすぐすぎて
面白みに欠ける、という点があるのかもしれない。
しかし、この作品は「身分の差」「人間とロボット」「地球外生命体」「
と主に4つのエンターテインメントが込められていて、子供も楽しめるし、
アニメ好きな大人も楽しめる内容となっている。
これからも注目してみていきたい。

| アニメレビュー | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://w-seiyukai.jugem.jp/trackback/86
トラックバック