早稲田大学アニメ声優会の普段の活動やイベントレポート、各種レビューなどを書いてまいります。
公式HP:http://wasedaseiyuukai.yaekumo.com/

アニメ声優会からのお知らせ
アニメ声優会早稲田祭2013イベント
イベント
『亜貴だ、一番! たまちゃん祭り!! 太田雅友×畑亜貴 TALK♡SHOW』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/10時 開演/10時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館2階201教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):太田雅友、畑亜貴
料金:無料(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 1日(火)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
へどうぞ。
『置鮎龍太郎と阪口大助の「教えて☆先生!」』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/13時30分 開演/14時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館4階401教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):置鮎龍太郎・阪口大助
料金:2000円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 3日(木)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『三澤紗千香トークショー in早稲田』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/10時30分 開演/11時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):三澤紗千香
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 7日(月)〜10月13日(日)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『ちーちゃん・るみるみの早稲田でおしゃべりしよっ(●´∀`●)』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/14時 開演/14時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):赤千夏・大久保瑠美
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 2日(水)正午〜10月 9日(水)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
早苗 千鶴 栄子
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 高速道路にて、意外なもの発見 | main | れでぃ×ばと11話感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
おおきく振りかぶって感想
初めまして、広報兼編集のノンタです。ちなみに女の子だよ!

今回はアニメ「おおきく振りかぶって」のレビューです。

今更かよ!と感じる方もいらっしゃる事と思います。今も根強い人気がありますが、最大のブームは確か数年前ですものね。でも、流行とか関係無いんですよ。好きなんだからしょうがないのです。

「おおきく振りかぶって」はひぐちアサさん原作の野球漫画です。
2007年にA-1 Picturesがアニメ化、監督は水島努さんでした。水島さんといえばクレヨンしんちゃんの映画監督というイメージが強そうですが、げんしけん・くじびきアンバランスの脚本・監督としても知られているかと思います。初代OPの「ドラマチック」(Base Ball Bear、作詞・作曲:小出祐介さん)とアニメーションの素晴らしいマッチングは水島監督の技術が光るところです。

ストーリーとしては、新入生部員10名という新設の公立高校野球部が甲子園を目指すという王道をいく筋書きの傍ら、弱気で卑屈なピッチャーが過去の挫折を乗り越えていく成長を描いていく、野球漫画では少し新しい展開になっています。また、細かな心理描写や丁寧な試合運びなど、野球を知らない人にでも分かりやすい話運びになっているのも特徴ですね。野球以外の日常描写が多いのも珍しいと思います。

新人である代永翼さんを主人公の三橋廉に起用してのキャスト陣ですが、谷山紀章さんをはじめ鈴木千尋さんや福山潤さんなど、人気の高い声優さんも見られます。阿倍隆也を演じる中村悠一さんはこの作品から有名になり始めたような印象ですね。
また、キャラ人数が多いにも関わらず、一人が二人以上のキャラの声をあてることはありません(福山潤さんのような例外もありますが)。

アニメは全25話ありますが、話数の関係上、きちんと試合風景が描かれたのは三星学園高校と桐青高校の2校のみです。とはいっても、応援団や打音、捕球音などに実際のものを録音して使用するなど、ここでも監督さんのこだわりが見えます。各打者で応援歌もそれぞれ違いますので、その辺りも聞きどころです。

ここから先は少し細かい話になりますが。
私がこのアニメで最も注目しているのは、桐青高校の球児達です。桐青好きの友人に勧められて好きになったアニメなので、当然私も桐青好きです。
オススメはナイスレフト、背番号7番の松永雅也氏です。出番は少なく、言ってしまえばその他大勢のキャラの中の1人です。でも好きなんです。好きなものは好きだからしょうがない!ってヤツです。皆さんもしおお振りを見る機会がありましたら、彼を捜して見て下さいね。

更新代理:きなこ
| アニメレビュー | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://w-seiyukai.jugem.jp/trackback/78
トラックバック