早稲田大学アニメ声優会の普段の活動やイベントレポート、各種レビューなどを書いてまいります。
公式HP:http://wasedaseiyuukai.yaekumo.com/

アニメ声優会からのお知らせ
アニメ声優会早稲田祭2013イベント
イベント
『亜貴だ、一番! たまちゃん祭り!! 太田雅友×畑亜貴 TALK♡SHOW』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/10時 開演/10時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館2階201教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):太田雅友、畑亜貴
料金:無料(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 1日(火)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
へどうぞ。
『置鮎龍太郎と阪口大助の「教えて☆先生!」』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月2日(土)
時間:開場/13時30分 開演/14時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館4階401教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):置鮎龍太郎・阪口大助
料金:2000円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 3日(木)〜10月11日(金)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『三澤紗千香トークショー in早稲田』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/10時30分 開演/11時
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):三澤紗千香
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 7日(月)〜10月13日(日)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
『ちーちゃん・るみるみの早稲田でおしゃべりしよっ(●´∀`●)』
supported by アニメ声優会
開催日:2013年11月3日(日)
時間:開場/14時 開演/14時30分
会場:早稲田大学早稲田キャンパス15号館3階301教室
(東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩8分)
出演(敬称略):赤千夏・大久保瑠美
料金:1500円(応募フォームによる応募)
応募期間:10月 2日(水)正午〜10月 9日(水)23時59分
詳細は、
公式特設サイト
早苗 千鶴 栄子
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 秋葉原ツアーの報告 | main | 学園祭イベントレポート〜横浜国立大学現代視覚文化研究会編〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
学園祭イベントレポート〜東京大学アニメーション研究会編〜
皆さんごきげんよう。最近仕事を振ることを覚えたグッスミンです。
5月29日に東京大学で行われた五月祭。
そこで東京大学アニメーション研究会さんが主催されたイベントにお邪魔しました。
今回はその模様をお伝えします。

イベント名は
阪田佳代の皐月メモリアルフェスタ

声優である阪田佳代さんのトークショーです。
客席の机には東京大学アニメーション研究会さんが作られた冊子があり、
阪田さんのプロフィールや出演作品が紹介されていました。
その中には阪田さん手書きのメッセージが書かれたコピー紙が挟まれており驚きました。
冊子を眺めているとイベントが始まりました。
オープニング拍手に迎えられ阪田さんの登壇です。
はじめに会場の東京大学の印象を尋ねられ「こんな所で勉強したい」とのこと。
また今回のイベントを四字熟語で表わすと?という質問には千載一遇と答えていました。

お仕事メモリアル
出演作品を流しながらコメンタリー形式で当時のことや作品への思いなどを聞くコーナー。
オーディションの話など大変興味深い話を伺えました。

さかよんメモリアル
阪田さん本人のこれまでにスポットを当てたコーナー。
趣味のバドミントンや何故特技である野球のスコアボードの付け方を
覚えるに至ったのかを知ることが出来ました。

葉書紹介
事前に観客から寄せられていたお便りを読み上げました。
読まれる葉書一通一通に込められた阪田さんへの熱意をひしひしと感じました。

五月祭メモリアル
絵本『アンナの赤いオーバー』の朗読コーナー。
一着の赤いオーバーを取り巻く様々な人間模様を描いたハートフルストーリーが
阪田さんの朗読により更に深みをますように思われました。

エンディング、プレゼント抽選会
いよいよプレゼント抽選会です。
阪田さんの直筆サインが書かれた東大グッズが当選者の方に送られました。
プレゼントの数が多く、いつにもましてハラハラする時間が続きました。
エンディングで感想を聞かれ「楽しかった!」と笑みを浮かべながら答える阪田さんが
非常に印象的でした。
こうして一層の拍手に見送られながら阪田さんは降壇されて行きました。


サークルの方の案内は細やかで会場内も非常に整理されているなど勉強になりました。
イベントそのものも丁寧に作られており参考になりました。

東京大学アニメーション研究会の皆さん、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
| イベントレポート | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://w-seiyukai.jugem.jp/trackback/125
トラックバック